最近需要が増えている「家族葬」というお葬式スタイル

最近は、お葬式も多様化しており、従来のとは違うスタイルのものがよく見られますが、その代表と呼べるものが「家族葬」です。
家族葬は、文字通り家族や親戚などのごく親しい人たちのみで行うお葬式であり、従来の場合と比べて小規模で行われるのが特徴です。
従来のスタイルでは、身内だけでなく、会社関係者や近所の人などを幅広く招くというのが通例でしたが、ライフスタイルや価値観の変化などに伴って、小規模を特徴とする家族葬の需要は都市部などを中心に増えていると言われています。
家族葬のメリットとして挙げられるのは、「親しい人たちだけでゆっくりと故人を偲ぶことができる」ということです。
従来の大規模なスタイルでは、会葬者の対応に追われてゆっくりできないという状況になることも多くありますが、家族葬ならその心配はないでしょう。
ただし注意点としては、「お葬式に呼ばれない人に対して家族葬の趣旨を十分理解してもらう必要がある」ということが挙げられます。