葬式の形態のひとつである家族葬の概要

最近は家族葬と呼ばれる形態での葬式が盛んに行われるようになっています。
家族葬が増えている理由は核家族化が進んだことにより、身内だけでしめやかに葬式を行う家庭が増えているためです。
家族葬に参列するのは近親者だけであり、落ち着いた雰囲気の中で故人を送り出すことができます。
大勢の人が参列する大規模葬だと数百万円程度の費用がかかる場合がありますが、家族葬は安い費用で執り行うことができ、残された家族の経済的負担を軽減させることができます。
最近は残された子供のために、お金をかけた大規模な葬式を望まない親が増えており、家族葬の人気が高まっています。
家族葬の費用は地域やプランの内容によって異なりますが、概ね50万円から100万円程度であり、プランによっては10万円から20万円程度で執り行うことも可能です。
ほとんどの葬儀会社は家族葬に対応していますので、葬儀会社に希望を伝えると家族葬の形態での葬式を執り行えます。